2006年07月24日

お見事「最後の政治決着」

7月22日の新聞はドミニカ移民補償に関して小泉首相が反省とおわびをしたことに対し、産経は「首相の談話を評価したい」朝日は「半世紀遅れの謝罪」と積極的に報道していました。

これは、今から50年ほど前の1956年7月29日、日本政府が国策としてドミニカ共和国への集団移住を始めたことに端を発します。

当時の外務省と農林省の調査を経て、3年間で249家族、1319人がドミニカに渡ったそうです。カリブの楽園に向かった家族は比較的裕福な家族という事でした(朝日7月22日)。

ところが、入植地として与えられた土地は灌漑施設どころか、生活すら窮する劣悪な場所であり、祖国に裏切られたと悲観して自ら命を絶った人も現れたそうです。

集団帰国措置もあったようですが、帰国を了としなかった残留者が国家賠償を求め00年7月集団訴訟をしたものの6月7日東京地裁は賠償金の支払に対して原告敗訴の判決を言い渡し、これに対して判決の翌日尾辻参議院議員が首相に政治決着を図るように懇願した結果、政府の謝罪と見舞金の支給となったようです。

司法的には賠償請求権が消滅したとして原告の請求を棄却された後に、本件が「移民ではなく棄民だ」と言われやっと政治決着したのですが、司法では屁理屈でも法的に国家賠償を認めるケースではないか、と考えています。賠償請求権が消滅したなどという論法なら、国の決定から50年も経過していれば中学生だって理解できるでしょう。

最近は薬害エイズ、C型肝炎、などで国の責任を認め、いままで中々国家の責任を認めようとしなかった司法もやっと最後の救済が大切だと司法の権威拡大が図られつつあったのですから、東京地裁も「わが国民が国家賠償請求については、外国に居住していた期間は時効・除斥期間が進行しない」等と屁理屈を述べて、この問題をもっと大きな政治問題とすればよかったと思います。

この問題はわが国の国外大使館がもっとすばやくドミニカ移民の救済を図れなかったのかと考えるのは当然ですし、外務省役人の力量不足を証明していると思います。いずれにしても小泉首相の英断はこれまでにない政府の「解決」として評価できると思います。小泉さんやっと最後に良い事をしました。
posted by やすかね at 19:03| 千葉 ☔| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

民主党の決断力

今日は民主党代表選挙の日で、その辺の事情をテレビで報道していますが、いまいち盛り上がりに欠けています。何といっても報道関係者を始め、民主党のけじめのつかない体制に国民誰しも嫌気が差していると感じられます。

明日の新聞テレビで一応結果が報道されるでしょうが、国民もさして興味を示すことなく「あっ、そう」としか反応を示さないのでしょうね。

何故なのか、その原因はと聞けば、皆さん「なんとなく」とこたえるでしょうが、要するにこの間の報道で現れた民主党とアホ永田の決断力不足に多くの人がリーダーの資格の欠如を感じているからと思います。

政治家の生命は決断力にありと考えますが、偽メールが明らかになったときから責任を取るという決断ができず日一日と問題が膨らんでしまい、とうとう民主党の執行部が総辞職して初めて永田が辞職という事になりました。

この間平成18年度の国家予算を審議する重要国会がたいした審議もなく、実にくだらない偽メールに振り回されてしまい、貴重な時間・税金・マスコミ等々様々な「無駄」に心底腹を立てているのが国民の殆どと思います。

偽メールが明らかになった2月20日、前原執行部が証拠の信憑性に問題ありと公表し、永田が頭を丸めて「調査不足は全て自分の責任です。ご迷惑をおかけしました。議員を辞職して責任をとります。」とやれば「潔良いな、なにも議員をやめる事もない。」と言ってくれる自民党議員もいたのではないでしょか。

しかし、先の読めない間抜けな「エリート」、続けることのできない議員の身分に執着したため政治家としての将来を全て棒に振りましたね。一人のアホを衆議院議員などに選出するととんでもないことになるということが良く分かりました。

インターネットで見ていましたら、自民党の松浪議員が野党の議員の野次に怒り、コップの水を掛けた事件での「被害者」が永田議員だったそうですが、その際の野次が「(扇千景)と何発やったんだ」と書かれています。

昔、あの浜コーが質問中の社会党の議員に「強姦野郎ー」と野次を飛ばしたところ、社会党の議員の質問がメロメロになった事がありましたが、永田の野次は個人の具体的名前が推測されているようですから、もっと悪質ですね。
そのほか、永田議員はその議員としての振る舞いが過去4回も懲罰委員会で問題となっていたようですが、その様に程度に低い議員が3回も当選していたこと自体、民主党の「人選」能力が疑われています。

今回の問題で最大の問題はこのように野党がぐちゃぐちゃでは自民党の一人舞台で当分政治が進むでしょうし、なによりライバル不在では独りよがりの自民党自体堕落しませんかね。
posted by やすかね at 10:00| 千葉 ☔| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

永田議員の辞職要求メール

前略 市原市の市議会議員をしている弁護士の伊藤安兼です。岡島一正氏とは色々なところでお会いしますし、選挙の際は応援させていただきました。
今回の永田議員のアホナ行動は噴飯者で、今度改めて懲罰委員会で審議されると聞いています。これだけ国会を空転させただけでもその損害は図りきれないものがあります。
特に今国会は重要な外交問題も山積しているなかで、日本全国ガセネタで振り回され、その陳謝の仕方も聞いているとまるで分っていない事が分っていません。東京大学の出身者も中には優秀な人もいますが、あれほどの〇〇はいないですね。
とにかく国会議員でいることは全国の民主党支持者の失望を買うでしょうから、さっさと国会議員を辞職するのが最低の責任の取り方です。武部などという脛に傷持つ議員の追及に全く無能であり、かえって敵に塩を送ってしまったことは取り返しがつきません。
前原代表もその点を十分意識しないと同時に政治生命を絶つことにもなりかねません。
いずれにしても自らの〇〇な行為を真摯に陳謝しなかった永田議員が国会に留まれば留まるほど国民の支持を失います。
偽造を真に受けたことは人を見抜く能力も無いことが明らかですから、永田議員一人の責任でもないでしょうから、質問を許した上司も責任を取るべきでしょう。
間違いをしたときはさっさと陳謝して潔く国会を去れば再起もできたでしょうが、既に手遅れであることを十分認識して、辞職する事を強く求めます。このまま長引けば自民党を利するだけです。小泉の「度量」などを示される前にきちんと処分(首をとれ)ということです。
諸葛孔明は泣いて馬しょくを切ったのですが、この古事は本件には不適切ですね。繰り返しますが早期に首を取ってください。


posted by やすかね at 16:19| 千葉 ☁| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

日本の将来が心配

最近の重大ニュースとして米軍再編・沖縄普天間基地移転問題があり、これと全く無関係と思われる自民党党紀委員会の処分について考えて見ます。何処まで話が行きますか、お楽しみに!

ご承知のように自民党は郵政民営化法案に反対した議員の処分をしました。現在の自民党はこれまでの「融和」路線を否定し、有権者に分かりやすいもの(産経30日)との評価がある一方、「独裁の結果」と危ぶむ人も多いと思います。

党内の処分ですから「ご自由にどうぞ」といえますが、国会議員は全国民の代表として議員個人がそれぞれ信念を持って行動すべきことは憲法の要請でもあります。

憲法が議院内閣制を採用している以上、憲法は政党を予定していると解釈されていますが、しかし政党が日本の上にあり、一番重要で国の政策がその次というものでもありません。大切なことは全国から選出された議員が日本国の現在・未来を考え、行動することがわが国の政治に必要と憲法は考えているのです。

言うまでもなく、わが国は民主主義国家ですから、正々堂々議論を行い、相互批判を経た後、最後は多数決で法律が決まりますから、決まった結果(法律)を気に入らないからとして違法を繰り返すことはできません。問題はその結果ではなく、その結果にいたる手続きにあります。

先ず、自民党は「党内民主主義」ということを憲法の言うところの「民主主義」と同じ意味を持たせて今回の除名を含む処分をしているのですが、これはどう言う事でしょうか。

郵政民営化が自民党内でどの程度議論されたか、それは分かりませんが、国会(参議院)で法案が否決されたので衆議院を解散し、反対を投じた議員に対し、落選させることを目的にいわゆる「刺客」を差し向けました。

自民党の党議に議員がどの程度拘束されているかは分かりませんが、人間の行動は規範に違反したときどの程度のペナルティーがあるか知った上で行われます。この原則は犯罪でいうなら「罪刑法定主義」ですし、国・地方の課税も同じようにあらかじめルールが明らかにされているのです。

世論を二分するような法案に反対したら「刺客」が送られる。しかもその「刺客」は間違っても死なない保障(比例区復活)を与えられているのです。こんな事を知りながら郵政民営化に反対した議員がいるでしょうか?全く予想外で、非常に興味を惹く話題ですから、批判能力のないマスコミはこの話題に飛びつき連日連夜「刺客」報道を繰り返し、ブームの好きな日本人は訳の判らないまま自民党に投票しました。

選挙に大勝した小泉執行部は、「刺客」戦略だけでなく、見事「刺客」を退けて当選してきた議員に対し、さらに今度は党議違反として「除名」処分をしたのです。

それでは何故この様な無茶苦茶なことを自民党執行部はできるのでしょうか、言うまでもなく、小選挙区制があるからなのです。

小選挙区制は、比較第一位、一票でも多い候補者が1人しか当選できません。ですから、極論すれば、小選挙区制は自民党執行部の決めた「候補者」を選挙民が選ぶしかないことになります。地元に全く関係のない「落下傘」でも大政党の決めた候補者であれば選挙民はこの候補者を「信任投票」するしかありません。

要するに小選挙区制度の下では大政党の執行部の決めた候補者しか当選できませんから、当選して国会議員になってもそれぞれの国会議員は小泉を頂点とする自民党執行部の決めたことに従わざるを得ないのです。

これが今までの中選挙区制ですと同じ自民党でも「おれはあいつだけには投票したくない」と考える人は他の自民党の候補者に投票できたのですが、現在ではそのような「自由」はないのです。

この様に「候補者」の決定は一部政党の幹部が「密室」で選ぶことであり、この事は民主党でも本質的には同じことですから、一応選挙区制度はありますが、二者択一ですから、極論すれば金正日の決めた候補者に「信任」するのと質的に変わりがないことになります。

この様に絶えず「刺客」を送られる可能性があり、仮に当選しても除名処分があり得る政党では、候補者となる人は執行部の意向に反して一切の行動が出来なくなり、日本人はブームで動きますから、結局マスコミを押さえつけた人は最大の権力を牛耳ることになります。

話は変わりますが、普天間基地の問題で沖縄県知事が反対の意思を表明しました。法的に知事は海を埋め立てる事業の許認可権があるらしいのですが、政府・自民党ではこの法律を変えて、知事からこの様な権限を取り上げると報道がありました。

ねっ、お判りですね。一度政府が普天間基地はここにすると決めれば、国民からどんなに反対があろうが、地元の説明なんかしなくとも、地元が反対すれば政府自民党は「党議拘束」で国会議員を拘束して法律だって、好きなように変えることが出来るのです。

まぁ、しょうがないですかね。首都圏には横田・横須賀など外国の軍隊が駐留していますから、政府はアメリカに文句は言えないのです。

再度、話は全く変わりますが、アメリカは明治時代ハワイの王朝を滅ぼし、ハワイを併合しました。日本は朝鮮に李王朝を「復活」させて朝鮮を併合しましたが、この朝鮮併合は、日本が軍隊を朝鮮に駐留させ、軍事圧力で行ったものであるから無効だ、植民地だといわれています。

今の日本、併合される前の朝鮮と何処が違うのでしょうか、このまま小選挙区制を維持していると自民党執行部(外国軍に脅迫されていないとは言えない)が候補者を選びながら、党議拘束で法案を提出してアメリカと併合条約を締結したら、どうなりますかね。

普天間基地移転問題と自民党党紀委員会の処分を考えていましたら、どんどん問題点が膨らみとんでもない結論に達してしまいました。これは貯金を下ろしてドルに変えておいたほうが良いかも?なんて・・・

ところで、今日からホームページが変わりました。人間、喜び・楽しいが一番ですが、怒りは明日への原動力でもあります。怒りを笑いに変えながら、楽しく生きましょう。
posted by やすかね at 09:36| 千葉 ☀| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする