2017年08月31日

ぶっ飛ばせ!老化減少

68歳の誕生日を迎える今日この頃、びっくりする事がありました。顔を手で触るとヒゲが伸びている感触はあるのですが、鏡を見ても分からないのです。しかし、眼鏡をかけると、びっくり仰天です。白髪交じりの綺麗でもないヒゲが、ハッキリと見えるのです。
愛読書『ゴルゴ13』では、ポスター写った女性の瞳をどんどん拡大していたったところ、そこにはカメラマンの姿が映っているのです。漫画というと失礼ですが、この劇画の真実から、現実に、誘拐犯人が身代金を目的に送った女性の写真から、女性の瞳を拡大した結果、女性を写真に撮った誘拐犯人が判明して逮捕されたとの報道に接し、これまたびっくりしました。
要するに、画像の解像度、目で言うと網膜細胞の密度であり、昔のテレビは525本の走査線の明暗で画像が出来ていましたので、拡大してもホントの細かいところ、髪の毛などは全くピントが合いません。しかし、今の写真とかスマホですと何十万画素と言う単位で画面ができていますと、拡大すればするほど、繊細な様子が明らかになります。1キロ先のネズミが見える鷹の目も解像度の問題です。江戸時代活躍した伊藤若冲なども、正にデジタル(1o四方に数十点)な絵画を描いた人です。
結局、目の老化とは、デジタルからアナログへと劣化する事ですね。血管の老化は、コレステロールの沈着、弾力性が乏しくなり、認知症は脳細胞の伝達不良、運動能力は筋肉の硬化・弾力性劣化ですかね。お年寄りの体全体を見ると、歩幅も小さく、背中が丸くなり、間接の可動域が減少してきます。毎日の細胞分裂が正しく行われれば、癌も減少するでしょう。
ところで、先日、両腕をウエストに組もうとしたところ、左手首がきついことを感じました。親指の根本の筋肉が硬くなり、押すと激しい痛みです。これが原因かと考え、痛いのを我慢しつつ数日押し続けたとところ、筋肉も柔らかくなり、両腕をウエストに組むことが容易になりました。これは、正しく「リハビリ」だと思いました。
結局関節は、毎日、可動域を100%以上動かさないと徐々に動かなくなると言うことにきづきました。例えば、毎日稼動域の99.9%しか動かさなければ、10日で1%、1000日で、関節の可動域は、なんとゼロになってしまうのですから驚きです。
そこで、大事な事は、老化現象と闘うためには、筋肉を伸ばし、関節の可動域を保持・拡大し、歩幅を大きく歩き、何にでも興味を持ち、ストレスを溜めないため、言いたい事はどんどん言う、これが大切でしょう。食べ物にも注意は必要でしょう。
最後に、歳を重ねると、良くなるのはナンでしょうか、首が回ることです。若者に比べると、お金を沢山持っていますからね。しかし、振り込み詐欺にはご注意を!
posted by やすかね at 15:53| 千葉 ☔| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。