2016年05月12日

反知性主義は、国をも滅ぼす

今日の報道によれば、三菱自動車が、実質的に破綻し日産の傘下に入ることとなりました。私の叔父は、元鍛造工の職人として、中学を卒業後50年ほど、三菱ふそうトラックのハブ(車輪の輻(ヤ)が集まる中心の太い丸い部分、中を車軸が貫いている。)などの製作に携わっていました。長年の職人の勘としてハブの厚みは、10o(−0,5+1,5o)でなければ安全でないと自説を曲げる事はなかったそうです。ところが、叔父が退職して数年後、三菱のトラックの車輪が外れ、死亡事故が発生しました。三菱は当初「整備不良」などと誤魔化していたものの、その後ハブに原因があることが公表されました。叔父が関係者の話を聞いたところ、叔父の退職後ハブの厚みが8oになっていたようです。
三菱は、その後もリコール問題で大きな社会的批判を浴びたものの、その体質は、改まることなく、今回の燃費データの改ざんで、三菱自動車本体が破綻し、多くの下請け工場とその労働者が路頭に迷う事態となり、政治的判断もあり、3000億円の出資を行って、日産の傘下で建て直しを図ると言うことです。
二次三次の孫請けのような小さな鍛造工場で、一職人の判断からハブの厚みが維持されていたものの、この職人が退職すると、いつの間にか、製造原価の圧縮を図り、必要な強度を維持するに必要な鉄を薄くし、回り、まわりして、結局大企業の三菱自動車が破綻することになりました。
このブログでも、高等裁判所の裁判官の反知性主義(証拠と論理が整っているにも関わらず、感情的な裁判をする、マヌケな裁判官)に腹を立てたりしたのですが、今日文春新書の『中国(チャイナ)4.0』(エドワード・ルトワック)を読み終わって、「人類の歴史は、長きにわたる犯罪と愚考の歴史である。」(同書106頁)と書かれている通り、これまで、大国の政治的指導者の反知性主義から、どれほど多くの国際紛争(戦争)が引起こされたのか知ることが出来ました。
そうしますと、被害者にとってはとんでもない判決(高等裁判所の裁判官の無責任主義から被害者の救済の道が閉ざされた)ですが、この人間社会は、無責任の極みの裁判官をはじめ愚行の連続ですから、運が悪いと考え、諦めるしかないですかね。
それにしても、同書は、日本の真珠湾攻撃、2003年のアメリカのイラク進攻が反知性主義の感情論で始まったほか、隣国の不安定な中国、棚ボタで独立した韓国、日露戦争でなぜロシアが敗北したか、などなど著者の逆説的論理は、私達が世界を見る重要な視点となります。


posted by やすかね at 15:19| 千葉 ☀| Comment(0) | 世相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。