2015年03月23日

政治的無関心の原因

間もなく、統一地方選挙がはじまり、住民の代表が選出されることとなります。ところで、政治的無関心から低い投票率で選出された議員が本当に民意を反映しているか疑問が残ります。そこで、民主主主義とは一体何ぞや、と議論をしてみます。

A: 民主主義ってのは、一体なんですかね。
B:これは、政治体制を正統化するシンボルなどと言われています。岩波の『哲学・思想辞典』などを見ると「デモクラシーに関する正確な理解を得るには、その歴史を概観することが不可欠」(1556頁)だそうですが、古代ギリシャでは、民主制は王制及び貴族制と並ぶポリスの統治形態の一つで、その特徴は二つあり、直接民主制で公職につく権利と防衛戦争に従事する義務でした。
しかし、プラトンからは、民主制は統治するにふさわしい資質を持たない大衆(我が国の政治不信の原因か)が支配する「衆愚政治」だと批判されたものの、平等の原則に基づく「治者と被治者の同一性」というデモクラシーの原理を生み出した事は画期的と言われています。
そして、ルソーの社会契約説を根拠にしてイギリス・アメリカ・フランスなどの革命から、「政治権力は、人民の意思と選択に基づかない限り正統性を持たない」との 前提に立って「治者と被治者の同一性」思想から「国民国家の構成原理としての代表制」と接合されたデモクラシーが生み出された。と書かれています。
即ち、平等な立場から、選挙で政治権力を行使する代表者を選出して、地方の行政を任せる手続きが、これからはじまる統一地方選挙となります。

A:それなら、統一地方選挙はとても大切な手続きなのですね。
B:ですから、投票率が低いと選出された議員などの正統性に疑問が生じてしまうはずなのです。

A:正統性などという前に、兵庫県かどこかで号泣していた県会議員もいたし、政務調査費をチョロマカシ、パチンコ依存症になっていたりして、議会で寝ているなんてのはまだ可愛いものですよ。しかし、議員の仕事が、夏祭りと冠婚葬祭では、選挙民も浮かばれませんよね。
B:そうなんだよ、昔のように、政治家が賄賂を受取ることも減少したと思いますが、逆に政治家としての資質もなく、国会でも議員歳費を減額しようとしたところ「俺たちの生活はどうなるんだ」などと国会議員一人数億円の費用がかかっていることを忘れている議員もいたよね。
A:議員に当選しても議会の質問は、役所の職員に作成させ、これを自分の手柄にしたり、「政治家は死ぬまで議員だ」などと死期を悟りながら、立候補・当選したものの十分な議会活動もできないまま亡くなったセンセイもいましたね。

B:結局、政治的無関心は、政治家のレベルが低すぎることにあるのでしょうね。
政治家のレベルが低いといっても、我が国にはまだまだ優秀な人間は、沢山いるはずで、優秀な人は、財界の人を除けば、多くが公務員になっています。
A:だったら、公務員が選挙に出て議員になれば良いのにね。
B:それが、我が国ではダメなんだよ。公選議員に立候補すると、公務員の地位はなくなってしまうからね。フランスなどでは、議員を辞めてから、また公務員に復職なんてこともあるようだよ。
A:そうだね。どの道公務員は税金で食ってるし、議員も同じだから、優秀な人が選挙に出て当選すれば、議員の質が向上して、市民の政治的関心も強くなる気がするよ。
政治的無関心は議員の質が悪いだけではありませんが、レベルの低い議員集団を見ていると、誰だって投票に行きたくないですよ。
B:あの候補者に自分の思いを託したいと思えるような、候補者が出てきてほしいですね。
posted by やすかね at 14:16| 千葉 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。