2014年01月20日

今年も詐欺天国「ジャパン」

本日、以前の相談者の奥様から、「主人が児童ポルノ・違法ワイセツ物を購入したらしいのですが、こんな文書が届きました」と深刻な相談をうけました。
文書は「告発通知」最後には「顧問弁護士 平泉 淳二郎」と架空の弁護士名があり、この告発通知の発送元は「NPO法人 愛をこめて」電話番号03-4477-5434と書いてありました。
電話したところ、「タイヨウです。」などと訳の分からない名前を名乗りました。平泉なる弁護士が実在するのかと質問し、その他ごちゃごちゃ言っていましたら、以後私からの電話には、一切でません。
この文書は、以前、購入自体、社会的に恥ずかしい児童ポルノを購入したことがある人を標的にしています。
方法として、児童ポルノの製造販売に関与したグループが警視庁に摘発されたことを知らせて、現在ではこの様な違法なDVDを所持しているだけでも犯罪となるかの様な内容(実はデタラメ)の「告発通知」を購入者リストに載っている人に差し出したものです。
通知をされた人が「ビビッテ」電話しようものなら、色々脅かされて金銭を巻き上げようとする連中です。
特に悪質なのは、刑法175条2項で処罰対象となる行為の一部について「有償で頒布する目的で」を意図的に「脱落」させ、現在所持している人にも警察からの事情聴取、出頭要請、家宅捜索などがあると脅かすものです。
違法なDVDを買っただけでは犯罪にはなりませんが、買ったこと自体余り褒められたものではありませんので、「ビビッタ」人が電話すると、詐欺グループの「待ってました」という罠はまります。ご注意を!
posted by やすかね at 14:59| 千葉 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。