2012年09月26日

小泉首相政界引退の真相

2009年2月20日私の推測で「鈴木宗男逮捕の真相」などと書いたのですが、その後鈴木宗男さんは刑期を終え、政界復帰はできないものの現在では北方領土交渉で「隠然」たる力を発揮しているようです。政治家としては「失脚」してしまいましたが、社会的には十分「復権」しています。良かったですね。
いずれにしても、鈴木さんは、杉原千畝の名誉回復を図り、イスラエルとの太いパイプを持っています。最近知ったことですが、イスラエルの占領地に対する入植者の多くがロシアのユダヤ人だということです。この様な関係もインテリジェンスの世界では有力なんですね。
ところで、9月に入り、スポニチで鈴木宗男さんの『わが道』が連載されています。今日で25回目です。

本日付では「小泉首相『借りは必ず返す』も」と副題が付いていますが、鈴木宗男さんのお人よし振りが出ています。それにしても奥さんの肝っ玉と言うか先を見る目はすごいと感心しています。
記事の内容は、田中真紀子が外務大臣になったものの、全く外交が分からず、アメリカの要人の所在地をリークし国際問題を引き起こし、アーミーテージ大統領補佐官との会談をドタキャンし、9.11のときはアメリカに「ヘルメットを送ろうか」などと実にレベルの低い外務大臣でした。外務大臣に任命した小泉首相は、任命責任を取られかねなかったようです。

そのとき、鈴木宗男さんが田中外務大臣に質問すると大臣は、全く答弁できず、このテレビ中継をみた田中真紀子の馬鹿なファンが鈴木事務所にものすごい抗議を寄せたことで事務所はパニックッタたそうです。(25日)

そのとき小泉総理の側近である飯島勲首席秘書官が鈴木宗男を訪れ、外務大臣の首を取るから協力してくれと言うことです。具体的には議運の委員長をしていた鈴木宗男にも辞職を求め、外務事務次官と3人を更迭することで事態の収拾を図ろうとしたのです。

人の良いおっさんの鈴木宗男は、「国益のため、一日でも早く真紀子さんを交替させる必要がある」と考え、飯島秘書官の申し入れを受けたそうです。この話を家に帰って奥さんに話したところ「あなた、それは小泉さんに利用されているだけですよ。これだけ国民的人気のある真紀子さん一人を辞めさせれば、当然、小泉さんも風当たりが強くなる。鈴木宗男のせいで辞めさせたと世間に思わせるために、あなたを使おうとしているだけですよ。そんな話に乗ってはいけません。」と言われたそうです。

当の本人は小泉に恩を売っておけば次は入閣だなどと「大きな勘違い」をしていたようです。
この勘違いは、半年もしないうちに明らかとなりました。真紀子の後任となった川口大臣は、外務省などからいい加減なことを吹き込まれたのでしょう、外務省の秘密を知りすぎてなんとか鈴木宗男を失脚させたいと考えていた外務省によって、鈴木宗男は逮捕されることになったようです。(園部レポート)外務省もすごいですね。国家秘密を共産党にまで漏洩して鈴木宗男を国会で追及させ、もうこれでよい、という段階になるや、外務省は共産党にガセネタを流し、志位委員長(書記局長?)に恥を掻かせたのでした。

次は、私の体験に関わるのですが・・・昨日、この欄で外務省の人工衛星(成績不良で本省にいることが出来ず、世界中の大使館・公館を人工衛星のようにグルグル回っているキャリア)は退職時に数億円の蓄財ができると書いてありました。

在外勤務の職員(場合によって退職してジェトロの職員として)は、本人の給与の外、家族手当、領収書の要らない「調査費」でしょかね、内地勤務の数倍のお手当てがでて、人工衛星は海外では貴族のような生活をしているようです。ロシアでは必要もないのにクレムリン宮殿を借り上げていたこともあるようです。

ですから人工衛星は一代で富を築けるのです。ここからが私の体験です。
10年以上前、30も過ぎた夫婦が自己破産したいということで相談に来ました。仕事を聞くと仕事をしたことがないとのことです。そこでさらに「ではお父さんは?」と聞くと『お父さんも仕事をしたことがありません。』と言うので、びっくりして「ではどうやって食べていたのですか?」と聞いたところ、『祖父が外交官をしていたので、その貯金で食べていました。』と言うことで、またまたびっくりした次第です。この話を色々の人に話しても殆ど信じてもらえませんでしたが、これからは信じていただけるようです。それにしても世の中にはとんでもない連中もいるのですね。

あっ、そうそう本日のテーマは「小泉政界引退の真相」が良いですね、鈴木宗男という国家にとって重要な政治家を、事もあろうに犯罪を捏造して刑務所にぶち込んだのですから、人間の良心としても政治家を続けられなかったのでしょう。でも小泉は引退程度では責任を取ったことにはならないでしょう。ロシアとの失われた10年は、今の中国との関係悪化にも影響しています。韓国関係でも同じです。メドベージェフが北方領土に行ったからです。

posted by やすかね at 17:15| 千葉 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。