2011年11月14日

芸能人の能力

もう10年以上前ですかね、知人の息子の結婚式にご招待されました。そのとき、俳優の関敬六さんも絵宴席にいらっしゃいました。

私はフーテンの寅さんのファンでしたので、寅さんと同業でチョイ役の関さんをみても、失礼ながら格別感激もせずいたところ、来賓祝辞などが滞りなく終了して、宴もたけなわになった頃、関さんが一人でマイクを取り、フーテンの寅さんでお馴染みの「帝釈天で産湯を使い、姓は車、名は寅次郎、人呼んでフーテンの寅と、発します。」などと仁義を切り始めますと、ざわついていた宴席が集中し始めました。

そして一人で15分以上座を盛り上げたのを目の当たりにし『芸能人の能力はすごい。』と感激したものです。
以来10数年経過し、昨日幕張のグリーンタワーで行われた「稲毛新聞を励ます会」で、もう70歳半ば(実は71歳)になったと感じられる昔懐かしいジェリー藤尾さんとやはり往年のスター永沢純さんと同席となりました。

私とすれば10数年前の関さんの一件もあったのですが、お二人を接近した正面から伺ったところ、正直言って「あまり・・・」と感じていました。

ところが、ジェリー藤尾さんが永沢さんを誘い、舞台で二人して『マイウェイ』合唱したとき、「芸能人って、素晴しい」と改めて感激した次第です。何も打ち合わせもなく、見事な舞台でした。私は10数年前と同様ざわついていた会場が舞台に集中させられてしまったことに、昔の結婚式を思い出しました。会場内で会話をし、酒を飲んでいる人は見受けられませんでした。

決して芸能人は高学歴でもないでしょうが、長年、人間対人間のなかで鍛えられてきた人には学歴なんか関係ない「人間力」で人を感激させられる能力がついたのか、それとも天性のものでしょうかね。私としては多くは人間の努力の賜物でしょう。見習うことは多いですねと思います。
posted by やすかね at 16:47| 千葉 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。