2011年08月02日

全くいい加減な民主党政権

今、国会では震災復興資金の捻出をどうしようかということで、民主党政権は所得税の増税でこれを賄う予定です。ところで、税金は権力行使の典型ですから、増税で一番喜ぶのは紛れもなく官僚なのです。

民主党政権は「脱官僚」ということで事務次官会議などを廃止するなど、国家権力を官僚から政治家に移動させる一種の「革命」と評価されたときもありました。私自身民主党政権の誕生にもろ手をあげて歓迎しました。

しかし、その後の民主党政権の体たらくは言葉に表せないほどです。事業仕分け、八ッ場ダム中止、子供手当てなど民主党が政権を取るために、正に政権につきたいがために国民に約束したマニュフェストは殆ど反故にされ、未だに菅総理は政権にしがみついています。

ここで、戦後の日本の政治を概略しますと、戦災復興は高度成長政策で乗り切れたものの、この政権を握っていた自民党は汚職まみれと国が破綻するほどの赤字財政を作ってしまい、民主党に政権が移動したのですが、結局民主党は官僚の言いなりになって、マニュフェストを投げ出し、支出削減などしないまま、増税で震災復興をやろうとしているのです。

国の財政を健全なものにするには景気を良くするしかないのですが、増税して景気がよくなるなどという話は聞いたことがありません。民主党の政権は一体何をしたのでしょうか。

外交も内政も全くダメで、官僚の言いなりになるしかこの国の運営が出来ないでは、これからの日本はどうなっていくのでしょうか。

要するに東大卒のひ弱なエリートで組織された官僚集団をぐいぐい引っ張れる骨太で腹の据わった政治家が出現しなければ、この国は救えないということでしょう。民主党自体がひ弱なエリート集団ということですかね。
posted by やすかね at 17:31| 千葉 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。