2006年03月03日

永田議員の辞職要求メール

前略 市原市の市議会議員をしている弁護士の伊藤安兼です。岡島一正氏とは色々なところでお会いしますし、選挙の際は応援させていただきました。
今回の永田議員のアホナ行動は噴飯者で、今度改めて懲罰委員会で審議されると聞いています。これだけ国会を空転させただけでもその損害は図りきれないものがあります。
特に今国会は重要な外交問題も山積しているなかで、日本全国ガセネタで振り回され、その陳謝の仕方も聞いているとまるで分っていない事が分っていません。東京大学の出身者も中には優秀な人もいますが、あれほどの〇〇はいないですね。
とにかく国会議員でいることは全国の民主党支持者の失望を買うでしょうから、さっさと国会議員を辞職するのが最低の責任の取り方です。武部などという脛に傷持つ議員の追及に全く無能であり、かえって敵に塩を送ってしまったことは取り返しがつきません。
前原代表もその点を十分意識しないと同時に政治生命を絶つことにもなりかねません。
いずれにしても自らの〇〇な行為を真摯に陳謝しなかった永田議員が国会に留まれば留まるほど国民の支持を失います。
偽造を真に受けたことは人を見抜く能力も無いことが明らかですから、永田議員一人の責任でもないでしょうから、質問を許した上司も責任を取るべきでしょう。
間違いをしたときはさっさと陳謝して潔く国会を去れば再起もできたでしょうが、既に手遅れであることを十分認識して、辞職する事を強く求めます。このまま長引けば自民党を利するだけです。小泉の「度量」などを示される前にきちんと処分(首をとれ)ということです。
諸葛孔明は泣いて馬しょくを切ったのですが、この古事は本件には不適切ですね。繰り返しますが早期に首を取ってください。


posted by やすかね at 16:19| 千葉 ☁| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする