2018年04月27日

朝鮮半島で、蚊帳の外の日本

朝鮮半島での南北首脳会談が、今日始まりました。ところで、日本は、何をしているのでしょうか。全く影が薄いですね。
北朝鮮は、アメリカに向けての大陸間弾道弾の開発をやめることと引き換えに、アメリカと首脳会談をして、北朝鮮への経済制裁をやめさせるように、特に、日本の経済制裁がきついでしょうから、アメリカから日本への譲歩を迫るように要求するでしょう。これが結論です。

安倍首相はトランプと友好関係があると誤解したままアメリカに行きましたが、トランプは、日本の鉄鋼アルミなどに高い関税をかけ、鉄鋼などの輸入を減少させれば、アメリカの経済界自身が困るでしょうが、トランプはそのようなことは意にかまわず、貿易赤字解消だけを念頭に、日本と中国を同列において、輸入関税をかけてきたのです。
そこから、トランプは日本との関係など重視していません。思い出してください、関税をかけると宣言した時のトランプの言葉に「今までいい思いをしてきた」などと安倍軽視が表れていました。

トランプは、つい最近まで「ロケットマン」と揶揄していた金正恩を賢い男のように持ち上げて米朝首脳会談を行うことでしょう。その前に、今日の南北会談でアメリカは北との地ならしを韓国に行わせ、日本はすべての話し合いが終わったのち、拉致問題も日本への核の脅威も何ら変化がない状態で、日本は北への経済制裁を緩和させられることとなります。
アメリカファーストを超え高に叫ぶトランプは、アメリカ本土に核の脅威が及ばなければ、それでいいのですからね。

それにしても、野党が森友学園問題という実にばかげた問題で国会を空転させたことで、国民は北朝鮮問題を真剣に考えることもできませんでした。安倍政権は、森友学園問題とか、北朝鮮との外交関係だけでなく、アメリカとの関係でも何らの成果をあげられていないものの、安倍内閣の支持率は、一向に変化がありませんね。
それは、安倍がだめでも、民主党政権の失敗から、国民は野党を信頼できず、それに代わる首相候補がゼロの状態ですから、安倍内閣の支持率が極端に下落することもないでしょう。希望の党などの今朝の野党再編のニュースなどすぐチャンネルを切り替えました。

しかし、小泉進次郎ではいかんせん、未だ若すぎますから、当面財務省の文書偽造問題という本当につまらない問題で国会が空転し、その間に世界の注目する朝鮮半島の問題で蚊帳の外になっているわが国は、さしずめ世界に向かい、両手に札束をかざして「見てみて」と騒いでいるだけの状態です。21世紀の地球は、非常に危うい状態であるにも関わらず、日本は世界政治に影響力を与えることのできない「経済大国」なのでしょうか。だらしないね。
posted by やすかね at 15:40| 千葉 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする